韓国人との出会い-日韓恋愛攻略

国際結婚における在留資格

国際結婚する上で、相手が日本で一緒に暮らす場合、在留資格が必要になります。
在留資格とは、外国人が日本に滞在するための資格で、日本がどのような外国人を受け入れるか入管法(出入国管理および難民認定法)において分類化したものです。
その種類は27種類。 国際結婚の場合、「日本人の配偶者等」という在留資格が当てはまります。
もし、この在留資格を持っていなかったり、在留期限が過ぎていると、不法滞在で、強制退去等の刑罰が処されるので、婚姻手続が終わったからといって安心してはいけません。
手続きの流れは以下の通り。
まず、日本国籍を持つ方が、夫婦の居住地を管轄する地方入国管理局へ行き、在留資格認定証明書の交付申請をします。
交付までに所要する期間は1~3か月。 交付された在留資格認定証明書を、相手国の在外日本大使館へ提出してビザの申請をします。
ビザが発行されると、在留資格認定証明書も戻ります。
そのビザによって、日本へ入国します。 入国の際の上陸審査でも在留資格認定証明書を提出します。
入国審査を通ると、パスポートに在留資格「日本人の配偶者等」と在留期限等が明記されます。
結婚相手と一緒に住むだけでも、国際結婚では時間も労力もかかりますが、愛し合う二人なら乗り越えられるはず。
少しでもスムーズに進めるといいですね。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è