韓国人との出会い-日韓恋愛攻略

国際結婚をする際の戸籍

国際結婚すると、戸籍上どのような表記になるのでしょうか。
戸籍とは、日本国民の国籍登録と親族登録とを兼ね備えた公文書。
結婚すれば、当然戸籍も変わります。
まず、日本人の方が筆頭者である場合を除き、性別に係らず、新しく戸籍が作られます。
その際、身分事項欄に配偶者の氏名・国籍等が記載されます。
国際結婚をすると、日本国籍を自動的に取得あるいは喪失するものではないので、国際結婚をした日本人男性は、結婚によって国籍が変わる事はありません。
但し、国際結婚をした日本人女性の場合、特定の国においては重国籍となります。
その場合は、一定の期間内に、どちらかの国籍を選択する手続を取らなければなりません。
また、自らの意思で、夫の国の国籍を取得する場合もあります。
そういった経緯についても、記載され、もし日本国籍の離脱あるいは喪失をした場合は、日本国籍より除籍されます。
外国人と結婚した日本人が、配偶者の氏に変更したい場合は、婚姻日から半年以内に市区町村役所へ届ければ、戸籍の氏を変更できます。
但し、新戸籍法施行以前に結婚した人や、婚姻日から半年を過ぎてから変更を申し出る方は、居住地の家庭裁判所へ氏変更の申立てます。
以上が戸籍変動についてです。 相手国によっても違いますので、よく確認する様にしましょう。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è